ごあいさつ

かけがえのない‘小さな命’の大切さを痛感し、
2002年、動物たちの供養がしたいがために仏教に帰依。
2005年からはNPO法人 犬猫みなしご救援隊の一員として
動物愛護の啓発に取り組むかたわら、動物病院で看護士として働き、
今現在も、2007年に建設したNPO法人 犬猫みなしご救援隊の施設内で、
常時1000匹以上の動物たちと寝起きを共にしながら、
スタッフたちと一丸となって、動物たちの生活全般のお世話を行っております。
また、2011年、福島原発被災動物保護活動を遂行するために、
栃木県那須塩原市内に設けた敷地面積2500㎡の大型施設を、
2015年、東日本での活動拠点(栃木拠点)として再生させ、
常時300~500匹の犬・猫の保護育成を志の高い
関東メンバーと共に行っております。名前:中谷百里
住所:広島県広島市安佐北区可部町大字今井田690-2
生年月日:昭和37年3月22日
血液型:O型

小さい頃から動物好きで7歳の頃からお小遣いを貯めて、近所の獣医さんの所で犬や猫の不妊手術をしていました。
手術する理由は親に飼養許可をもらうためですが、「犬や猫」と「獣医さん」と「自分」の三角関係は、
その頃から培ってきたものです。
動物愛護活動に取り組む傍ら、動物病院で看護士として働いてきたスキルを活かし、
一般常識の枠にとらわれない斬新で積極的な活動をしていきたいと常に考えています。