犬猫みなしご救援隊とは?


犬猫を心から慈しみ、犬猫と共に生き、犬猫を救っていきたいという願いを持ち、人間の身勝手によって捨てられたり、虐待を受けたり、傷病を負っている等、一般家庭では飼養が困難な、引き取り手のない犬猫たちを積極的に保護し《広島本部》《栃木拠点》《岡山拠点》にて‘
小さな命が尽きる時まで’責任を持って育てる【終生飼養】を行っております。(有料)

また、それと並行して、
2013年度からは広島市動物管理センターに持ちこまれた殺処分対象の猫全頭と、一般譲渡が難しい老犬・咬みつき犬・野犬等の引き出しを開始。
2015年度からは呉市動物愛護センターに持ちこまれた殺処分対象の猫全頭の引き出しを開始。
2016年8月から広島県動物愛護センターに持ちこまれた殺処分対象の猫全頭の引き出しを開始。
これにより広島県内にある殺処分機の稼働を停止させることに成功しました。

殺処分問題の根本的解決に向け、広島本部内と栃木拠点内にそれぞれ付属の動物病院を開設しました。
一般の方のTNR活動の協力を行いながら、2013年からは、全国野良猫対策連合会に所属する動物愛護団体ちばわんと協働して、日本各地を回り、地元で活動しているボランティアと一緒に《全国TNR一斉手術》も行っております。

活動の目的
NPO法人 犬猫みなしご救援隊は【終生飼養】と【譲渡活動】を基盤に、動物愛護の啓発活動を行い、動物の適正飼養の推進と生命尊重の情操教育を広め、ひいては動物と人間が共生する明るい社会の構築に寄与することを目的としております。

 


《犬猫みなしご救援隊》の活動


人間の身勝手により遺棄されたり,虐待を受けたり,傷病等の理由により,一般家庭では飼養が困難な、引き取り手のない犬猫たちを積極的に保護し《広島本部》《栃木拠点》《岡山拠点》にて‘小さな命が尽きる時まで’責任を持って育てる【終生飼養】を行っております。(有料)

治療・看病・介護,虐待等の心のケア,各種ワクチン予防薬の接種投与,不妊 手術等,配餌,衛生管理,美容等,不幸な境遇にある犬猫が生涯快適に暮らせるよう,生活全般の世話を行う活動をしています。



広島県内にある4つのセンターから殺処分対象となってしまった猫全頭を引き出し,健康状態を整えた上で,’新しい飼い主’を探す【譲渡活動】を行っています。
世話や一般家庭で引き取ってもらえるよう、愛情を持ってお世話しています。


生命尊重に基づき,‘捨てること・殺すこと’より‘増やさないこと’を前 提とした不妊手術等の普及活動,飼い主が抱える多種多様な悩みの相談にのり, 犬 猫たちができるだけ今の場所で適正に飼養されるようアドバイスする活動を行 っています。
また、全国を対象に専用のバスを使って獣医師と共にTNR一斉手術を行ったり、広島市と地域の自治会と協働して【地域猫活動】を行っています。(地域猫活動とは? 広島市動物管理センター)


学校長や保護者等からの依頼を受け、命の尊さを考える授業や、自作演劇の上演や、各テーマに沿った講演を通じて、小さな命が人間により傷つけられ、小さな命が消えていく現実と、逆に、人間の善意で助けられ育まれている様子や現状等を児童・生徒に、正しく知らせる、情操教育(命の大切さ)の一助を担う活動を行っています。


高齢者の飼養に関する悩み、将来的な不安等の相談にのる活動を行っております。
身体的・精神的機能低下を余儀なくされた独り暮らし等の高齢者らから依頼を受け,動物病院・ペット美容店への搬送,散歩等の世話,飼養に関する不安等 の相談にのる活動を行っています。
犬猫をつうじてのご縁を大切にし,安否確認も兼ねた連 絡の取り合いを行い,社会的に孤立しがちな高齢者らが伴侶動物である犬猫と安 心して暮らしていける社会づくりに貢献する活動を行っています。


飼い主のいない猫のことで困っている人からの相談受付,飼い主のいない猫 への適正な餌の与え方のアドバイス,公園等の公共施設内での置き餌の後片付け ・糞の後始末活動等の実施を通して,他人(の立場)を慮り相互理解を深めることにより,人にも動物にも優しく,かつ美しい町づくりを目指す活動を行っています。